エンジンオイルの粘度は
指定以外のものにしても大丈夫?

エンジンオイルは必ず指定通りでなければいけないのか?

エンジンオイルには様々な指定があり、そのなかに粘度というものがあります。粘度とは粘りの数値のことで、一般的には粘度数値が低いほど回転の抵抗が減ってエンジンへの負荷が小さくなり、燃費が良くなります。

この粘度数値は、車種に応じて必ず指定のものを使用しなければならないのでしょうか? 

実際のところ、売り場には指定通りの粘度を持つエンジンオイルが売られていないケースもあります。もしそうしたケースに遭遇した際に、どのように対応するべきかは知っておきたいところですよね。

粘度を柔らかくする(粘度数値を低くする)のはNG

まず1つ言えることは、指定よりも柔らかい、すなわち指定粘度よりも低い数値のものにしてはいけません。柔らかくしたら回転の抵抗が減り、燃費が良くなるのでは? と思う人もいるかもしれませんが、粘度を柔らかくすることでエンジン内部に必要以上の摩擦が生じてしまい、トラブルの原因になってしまいます。最悪の場合、故障してエンジンが動かなくなってしまう可能性もあり得るので控えるべきでしょう。

右側の粘度を硬くする(粘度数値を高くする)のはある程度OK

逆に多少の範囲であれば指定よりも硬い、すなわち指定粘度よりも高い数値のエンジンオイルを使用しても大丈夫です。ただし左側のウィンターの数値ではなく、あくまでも右側の高温度側の数値です。左側のウィンターの数値を上げた場合は、発進時のオイルの行き渡りが悪くなってしまうので、自動車の燃費に影響が出てしまいます。しかし右側の高温度側の数値に関しては、特段影響を与えることはないので、数値を多少高くしても大丈夫です。わかりやすく言うと、5-30指定の車に5W-40のエンジンオイルを使用しても大丈夫ですが、10W-30のエンジンオイルを使用するのは控えたほうがいいです。

走行距離が増えたら粘度数値を少し上げるのがオススメ

エンジンオイルの右側の粘度数値を少し上げるタイミングは、走行距離が増えてからがオススメです。どんなに最新のエンジンでも走行距離が長くなることによって自ずと摩擦が進みます。摩擦が進むと、エンジン各部のクリアランスが広がってしまうので、その部分を硬い粘度を使用することで補うことができます。具体的には、走行距離が5万距離を超えてきたあたりから検討を初めてみましょう。

また、粘度の硬いエンジンオイルは音を吸収する効果があるので、エンジン内部のクリアランスが広がったことによって生じる騒音の上昇を多少なりと抑えることもできます。

以上をまとめると、エンジンオイルの粘度数値は、走行距離に応じて右側の数値を上げる分には特に問題ないということになります。指定のエンジンオイルが売られていない場合には、走行距離を考慮しつつ右側の数値が高いものを買うべきか判断するようにしましょう。

 

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

ドラム缶商品を購入したいが、
フォークリフトをお持ちでないお客様へ

フォークリフトをお持ちでないお客様へ

皆様、いつもオイルスターをご利用頂き誠にありがとうございます。

ショップ店長の加地でございます。

日頃よりご愛顧頂き厚く御礼申し上げます。

オイルスターではドラム商品をお得な価格で販売しておりますが

いざご注文となると、以下の点で断念されるお客様がいらっしゃいます。

一つ目は運送会社のトラック事情によりお客様でフォークリフトを使っての荷下ろしが必要になる事です。

商品のご紹介の上段にも案内文を載せていますが、フォークリフトをお持ちでないところへは原則お断りしております。

パワーゲート付きのトラックになるとチャーター料金が発生するのです。

結構お高い料金です。

それでも、フォークリフトがなくても何とか下ろせますという強者のお客様もいらっしゃいますが、、、運送会社にその旨、お願いすると荷物の保証が出来ないというところと、ドライバーさん、お客様の安全面などでお断りされます。

それでも方法はありますのでどうかご注文をあきらめないで下さい。

後でご案内します。

二つ目は、個人のお客様です。

今年2月から個人のお客様には追加の送料がかかります。

理由としては、個人様への配達料金がものすごく値上げされた為です。

ペール缶の料金は都道府県事にご案内しておりますがドラムの場合は、個々に見積もりになり、非常に非常に高くなります。

その上、200キロの商品だと配達員が2名になりトラックも配達店からのチャーターになりさらに料金アップになると説明がありプラス、ウン万円になります。

実質そのお値段で、お買い上げされるお客様はいらっしゃらないだろうという値段になりました。

運送会社の支店止めをお勧めします

しかしこの二つに当てはまるお客様へのご案内として運送会社の支店止めをお勧めいたします!

トラック等の車両は必要ですが、お客様のトラックへは運送会社がリフトで

乗せてくれます。お客様のお車にパワーゲートがついてる場合は荷下ろしは頑張って出来ます。ただそのお車にパワーゲートがついてないと、、、という話しなのですが。

また、個人のお客様も個人料金の追加はございません。

しかし、、、あくまでも自己責任で荷下ろしはお客様にお任せするという事になります。

いかがでしょうか?支店止めの場合は持ち帰りになりお客様にリスクは発生いたしますが、一つの案としてご紹介いたします。

関西圏限定で当社が直接配達いたします。

そして、地域限定ではございますが、関西圏限定で

フォークリフトがないお客様にも配達いたします。

個人のお客様におかれましては送料追加はございません!

配達地域は以下の通りです。

   

下記、地域に限り当社が直接配達いたします。

個人様の追加料金はかかりません。(※ペール缶、空ドラムは対象外)

フォークリフトがなくても大丈夫です。

<直接配達 対象地域>

・大阪府全域、

・奈良県、生駒市、奈良市、大和郡山市、香芝市、葛城市、大和高田市、橿原市、生駒郡、北葛城郡、磯城郡

・京都府 向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、城陽市、久世郡、宇治市、精華町、

・兵庫県 川西市、伊丹市、尼崎市

個人様へのペール缶、空の使用済みドラムのみの配達は従来通り追加料金がかかります。

 

「オイルスター」では、
今後もお客様へのサービスを充実させていく所存でございます。

ショップのご利用をお待ち申し上げております。
http://oil-star.jp/

空のドラム缶コーディネートが
超オシャレ!

捨てるもので素敵に飾るマイルーム

実はいま、男女問わず、空のドラム缶を簡単にリメイクし、室内インテリアとして活用する方が増えています。

人気のヒミツは、「個性を演出できる」ということにあるようです。

もちろん、当社のようなオイルの空缶も簡単にリメイクしていただけます。

空のドラム缶は、サイドテーブルや植木鉢、小物置場などなど大活躍!個性あふれる素敵な部屋を演出してくれることでしょう。

ではさっそく、作り方やコツ、準備物、どのように部屋のコーディネートに使うと良いのかも含め、詳しく紹介していきます。

リメイクしたドラム缶を生かしたコーディネート

植木鉢を入れる

リメイクしたドラム缶は、フタを外して観葉植物の植木鉢などを入れることができます。

ありふれた植木鉢がドラム缶に包まれることにより、部屋の雰囲気の統一や、個性の演出に役立ちます。

このとき、外したフタは、壁に立てかけたり貼りつけたりして、写真や絵ハガキなどを飾っておくことができます。写真や絵ハガキは磁石で留められるので、大切な思い出に穴が開く心配もありません。

サイドテーブルとして使う

サイドテーブルとして利用する場合、カップやスィーツ皿を置く可能性もあるため、ドラム缶のフタの上に円形の板を置くようにしましょう。

そうすると、湿気や汚れなどからくる、ドラム缶の劣化を防ぐことができます。

小物置場として使う

ドラム缶をそのまま利用するもよし、好きな色に塗って設置するもよし、工夫してみましょう。

レトロな雰囲気を演出するなら、小型扇風機やミニコンポなどを設置するのもオススメです。

ドラム缶を簡単にリメイクするコツ

ドラム缶を好きな色にリメイクしたいときは、天気が良く湿度が低い日を選び、換気の良い場所や屋外などでペイントします。

まず、地面が汚れないようブルーシートを敷き、台を設置してドラム缶を置きます。

また、服が汚れる可能性があるので、廃棄する服を着て、100均で購入したカッパなどを羽織ると良いでしょう。

靴やサンダルも汚れないよう、じゅうぶん注意して塗っていきましょう。

オイル缶の模様を隠したいときには、まず、ブラックやカーキなどの濃い色のペンキを全体に塗ります。このとき、ムラがないよう何度もペンキを重ねて塗ると、きれいな仕上がりにつながります。

最終的に濃い色で仕上げたい場合は、下地を塗らず、直に好きな色を塗っても大丈夫です。

濃い色のペンキがじゅうぶんに乾燥したら、次にホワイトなど、塗りたかった色を塗っていきましょう。文字やマークなどを描いても素敵ですね。

ドラム缶に色を塗るときの準備物

準備するものは、

・ブルーシート

・捨てる服(上下)

・使い捨てカッパ

・ペンキ

・ハケ

・台(ドラム缶が地面に着かないよう設置する、しっかりとしたもの)

ですが、他に必要だと思うものがあれば追加してくださいね。

 

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、空のドラム缶も販売しております。

是非ご覧ください。

エンジンオイルのオイル交換は自分で出来る?

古いエンジンオイルを抜き出す「上抜き」と「下抜き」

車のエンジンオイル交換は、業者にやってもらう事が多く、そちらのほうが安全ですが、もちろん自分でやることも十分可能です。

では、具体的にどうすれば良いかというと、古いエンジンオイルを上から抜き出す「上抜き」と、車の下から抜き出す「下抜き」の二つの方法があります。

「上抜き」の方法は?

「上抜き」とは、車のボンネットを開けて、エンジンの上部分から直接ホースを入れ、ポンプなどで古くなったエンジンオイルを抜き出していく、という方法です。やり方は、まず、エンジンオイルをポンプで吸い出しやすくする為に、510分程度エンジンをかけます。暖まったら、オイルチェンジャーのノズルをオイルパンの底までしっかりと差し込みます。

差し込めたら、ポンプを押して、古いエンジンオイルを吸い出していきます。吸い出した古いエンジンオイルは、廃油処理箱に入れて固めます。固める事で、燃えるゴミとして捨てる事が可能です。廃油処理箱がない場合は、液体のままガソリンスタンドなどに持って行って、処理してもらう必要があります。

古いものを全て抜き取れたら、新しいエンジンオイルを漏斗などを使って丁寧に入れていきます。ここでは、オイルが他の部位に飛び散ってしまわないように注意が必要です。飛び散ってしまったら、洗浄剤などを布につけて拭き取ると良いでしょう。

無事に交換できたら、数分程度エンジンをかけて、オイルゲージを見てきちんと適正量が入っているかを確認し問題がなければ完了です。

「下抜き」の方法は?

「下抜き」の場合は、車体底にあるオイルパンのドレンボルトから、直接抜き出す方法です。やり方は、車本体をジャッキアップして持ち上げ、固定します。固定できたら、車体底面のオイルパン部分のドレンボルトの下に、バケツか廃油処理箱を設置します。

設置できたら、オイルキャップを外して、古いエンジンオイルを抜き出します。全て排出出来たら、レンチでドレンボルトを外して、ワッシャーを新品のものに交換します。交換し終わったら、持ち上げていた車を元に戻して、計量カップで計りながら、こぼれないように新しいオイルを注いでいきます。

無事に注げたら、エンジンを入れて数分待ってから、オイルゲージを確認して、適正量が入っている事が確認出来たら完了です。

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

燃費性能はエンジンオイルで変わる?

 

燃費良く走るにはエンジンオイルの早めの交換を

今や多くの人にとって、車は日常に欠かせない重要な存在です。地域によって普及率は異なりますが、一家に一台が珍しくない地域は多く、大切な移動手段として重宝されています。車は購入時の費用だけでなく、維持管理費が必要です。車検代や保険料をはじめ、メンテナンスや日々のガソリン代など、さまざまなコストがかかります。特に、乗れば乗るだけ必要となるガソリン代は、出来るだけ節約したいものです。ガソリン代を節約するためには、燃費良く走ることがポイントですが、果たしてエンジンオイルで燃費性能は変わるのでしょうか。

エンジンオイルとは、ピストンとシリンダーに膜を作り、回転部分で潤滑の役割を果たして、摩擦による焼け付きを防止しています。このオイルが無ければ、エンジンはすぐに機能しなくなってしまうために、重要な役割を果たしていると言えます。ですが、エンジンを動かす度に働いているエンジンオイルは、その役割を果たせば果たすほど劣化していきます。車を良い状態に保つためには、エンジンオイルの早めの交換を心がけることが大切なのです。

車の仕様に合わせて省燃費性の高いエンジンオイルを選ぼう

使用するエンジンオイルによって、燃費性能に違いが出ることが分かっています。もともとエンジンオイルは、種類によって粘土性に違いがあります。最近のハイブリッド車や、省燃費仕様の車は、超低粘度のエンジンオイルを採用しているものも多く、オイルの粘度が抵抗になる為、基本的に抵抗が少ない低粘度のエンジンオイルの方が、燃費が良くなる働きがあるのです。

とはいえ、大切なことは、その車のエンジンの仕様に合わせて、適正なエンジンオイルを選ぶ事です。車の説明書には、必ずその車に適している最も省燃費性の高いエンジンオイルのタイプが記載されています。車の説明書をきちんと確認した上で、エンジンの仕様に合わせた適正なオイルを選ぶ事が何よりも大切なのです。

また、車の使用頻度やどのような環境を走っているか、車の種類によってもオイルの劣化状態には大きな違いが出てきます。高い燃費性を保つ為には、劣化が激しくなる前に、早めにチェックして交換する方が安心です。

 

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

エンジンオイルは入れすぎるとどうなる?

エンジンオイルの入れすぎによる車への影響とは

車は、通勤や買い物などで毎日使う機会が多くあり、故障などをしてしまうと、とても困ってしまいます。愛車をいつまでも良い状態で使うために、自分でメンテナンスをしている人もたくさんおり、オイル交換なども自分で整備している人も少なくありません。定期的にエンジンオイルを交換することは、車を快調に使うために役立ちます。しかし、交換をする時に入れ過ぎてしまうと、思わぬ故障の原因となってしまうので注意しましょう。

少なくなると大変だと考え、多めに入れておくと、エンジンオイルがエンジンの内部に侵入してしまいます。ガソリンなどの燃料と一緒に燃えてしまうことになり、マフラーから白煙やオイルが焼けるような独特な臭いがでてくるので、注意が必要です。エンジンオイルを入れ過ぎたことで、内部の抵抗が増加し、エンジンの回転に余分な負荷が加わったことが原因となり、車の燃費にも影響を与えてしまいます。そして、走行中の車のフィーリングも悪化し、いつもと同じようにアクセルを踏んでも、エンジンの回転が重く感じてしまい、余計にアクセルを踏んでしまうことも少なくありません。エンジンの燃焼室内へエンジンオイルが必要以上に入り込んでしまい、エンジントラブルが発生し、ピストンなどが破損してしまうこともあります。

エンジンオイルを入れすぎてしまった場合は?

エンジンオイルを入れ過ぎてしまうと、このようにエンジンに重大なダメージを与えてしまうので、十分注意しましょう。入れ過ぎてしまった時は、できるだけ早くエンジンオイルを抜き取ることが大切です。自分で抜く場合は、ドレンボルトから全量を抜き取り、新しく入れ直す方が安全にできます。自分で作業することが難しい時は、自動車整備工場や、カー用品店などに依頼すると良いでしょう。整備工場などに作業を依頼すると、レベルゲージから多い分だけ抜き取ることも可能なので便利です。車を快調に走らせるために大切なことは、エンジンオイルが多すぎても少なすぎてもトラブルの原因になるという点です。交換作業に自信が持てない場合は、整備工場やカー用品店で交換する方が良いでしょう。

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

エンジンオイルの供給方式「ドライサンプ」とは?

エンジンとエンジンオイルの関係性

車を動かそうとする場合には、その動力源となるエンジンが必要となりますが、そのエンジンを起動させて動かし続けるためには、そのエンジンの潤滑油となるエンジンオイルが必要となります。エンジンが人間の体でいうと、体全体を動かすために血液を送り出す心臓にあたるとするならば、エンジンオイルはその送り出される血液というものと言えます。両者とも存在しないと人間が生きていけないのと同じように、エンジンとエンジンオイルも両者とも存在しないと車が動かないという事態に陥ります。

ウェットサンプ方式の特徴とは?

このエンジンに対してエンジンオイルを供給する方法としては、一般的にはウェットサンプという供給方式が採用されています。この方式は、いったんエンジンの中を循環したオイルが、オイルパンと呼ばれるエンジンオイルの受け皿に溜まり、そのオイルをポンプで吸い上げて循環させる潤滑方式で、オイルパンそのものは、エンジンの底部に着けられていることからウェットサンプを採用する自動車等については、比較的に大型のエンジンとなることが特徴と言えます。

ドライサンプ方式の特徴とその利点は?

これに対し、オフロードバイクや外国車などの高級車、そしてレース用の車などに採用されている供給方式がドライサンプです。このドライサンプは、エンジンから離れた部分に取り付けられたオイルタンクからエンジンオイルを注入してエンジンとオイルタンクそのものを循環させるという方式になります。なので、エンジンへの注入口とエンジンからオイルタンクまでへの排油口とが必要となるメカニズムとなり、必要なパーツそのものが多くなるものの、オイルパンを必要としないエンジンの構造となるため、エンジンのサイズが比較的コンパクトになります。それゆえ、レースなどにはこのドライサンプ方式の車が採用されています。また、ドライサンプ方式を採用するメリットとしては、エンジンオイルの供給が安定するため走行が安定するということ、エンジンの放熱によるエンジンオイルの劣化の影響が、ウェットサンプと比較して受けにくいという点があります。また、エンジンとオイルタンクの分離により車高を高く維持できるという点にも特徴があります。

燃費改善効果が出やすいエンジンオイルとは?

燃費改善効果を期待するなら低燃費指向のエンジンオイルを

燃費は車の性能で決まると思われがちですが、タイヤや排気系パーツなど消耗品を交換すれば燃費は向上できます。エンジンオイルの交換も、燃費の改善には効果的で、選び方次第でハッキリと実感できるほどです。車の燃費効率が悪いと感じるなら、エンジンオイルの交換も考えてみましょう。

燃費を改善するためにエンジンオイルを交換するなら、選びたいのは低燃費指向のオイルです。メーカーから指定されているエンジンオイルよりも、粘度指数の低温を純正より落とすと、燃費改善の効果を得られます。特に冬場は高い効果を期待できるので、気温が下がってきたら粘度指数の低温を落とすと良いでしょう。ただし、純正より粘度指数の低温が低いエンジンオイルを使っていると、高温時の性能が落ちてしまいます。エンジンを全開にするとトラブルが発生する恐れがあるので、運転時には十分注意してください。

エンジンの状態を良好に保つ高性能エンジンオイルとは?

粘度指数を純正より落としたくないなら、高性能なエンジンオイルを使いましょう。

高性能オイルは内部を綺麗に掃除してくれるので、エンジンの状態を良好に保ってくれます。エンジンの性能を安定して発揮できるので、無駄が発生することはありません。そのため、効率的にエンジンを使えるようになり、燃費の改善につなげることができます。高性能なエンジンオイルと同じように、ハイオクガソリンにもエンジンの洗浄剤が入っています。レギュラーガソリンより含まれている洗浄剤の量は多いので、より綺麗にすることが可能です。なので、レギュラー指定の車でも、ハイオクガソリンを入れていれば、燃費の改善効果は期待できます。ですが、ハイオクはレギュラーよりも価格が高いので、燃費の改善につながっても経済的な負担は増します。燃費を改善してもガソリン代が高くなると意味はないので、デメリットも考えながら試してみましょう。タイヤや排気系パーツとあわせてエンジンオイルも交換すれば、悩まされ続けた車の燃費は大幅に改善することができます。

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

エンジンオイルの「摩擦係数」とは?

エンジンオイルが足りないと摩擦係数は上昇してしまう

「摩擦」は、エネルギーのロスを生み、機械の摩耗などを起こさせるため、あまりいいものではありません。そのため、機械などを円滑に動かすためには、潤滑油と呼ばれるものが入れられ、摩擦をできるだけ起こさないようにしてくれます。エンジンオイルがなぜ必要なのか、それはこうした摩擦を防ぐためでもあります。潤滑油が金属同士の隙間に入り込み、膜を形成します。この膜が完璧であれば、摩擦や摩耗は発生しません。こうした状態を「流体潤滑」と言います。しかし、この流体潤滑はエンジンなどでは難しいものとされています。

そもそも金属の表面は人の目では平らに見えても、実際はかなりデコボコしています。それが擦り合わされる異常、摩擦が起きるのは当然です。潤滑油が入っているにもかかわらず、金属の表面同士がくっつくような状況が「境界潤滑」となります。摩擦係数で考えてみると、金属同士が直接接し合っている状態だと摩擦係数は0.3程度であり、境界潤滑は0.1、流体潤滑は0.01となっており、境界潤滑は流体潤滑に比べて10倍以上摩擦、摩耗が起きていることが言えて、エンジンオイルが足りないことで摩擦が起こりやすく、摩耗しやすいことが言えます。

摩擦係数を下げるには車に合ったエンジンオイルを

エンジンオイルの効果としては、摩擦係数を小さくし、円滑にエンジンなどを動かすことができ、摩耗を防ぐことが可能です。そして、焼き付きを防ぐことができるため、機械の故障などをエンジンオイルが食い止めることになります。他にも洗浄効果、防錆効果など様々なものがあります。エンジンオイルを選ぶ場合には粘度をチェックするだけでなく、季節や低燃費を重視するかどうかなどでも変わります。

大事なことは、その車に合ったものをチョイスすることですが、車によってはエンジンオイルの指定があります。合わないものを使えば、それだけエンジンを傷つけてしまうことにつながるためで、指定をされている場合には指定されたものを使い続けることが大事です。

 

エンジンオイル·工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

エンジンオイルの粘度と油圧について

エンジンオイルの「粘度」と「油圧」の関係とは

エンジンオイルには粘度という数値が存在します。一見するとエンジンを動かすためのものに粘度は関係無さそうですが、それによって寒さに強いのか、それとも暑さに強いのかを知ることができます。基本的にエンジンオイルは気温が低いときには硬く、気温が高いと柔らかくなる傾向にあります。当然ながら、柔らかい方がエンジンを始動させやすいため、朝に気温が低下するときであってもすぐにエンジンを動かすことができ、硬い方が高温時でも動かしやすく、スポーツカーなどを走らせる場合には効果的です。

この粘度というのは、油圧の高さと大きな関係があります。粘り気のあるエンジンオイルの場合にはそれを動かすために結構な油圧になってしまい、エンジンに負担を与えます。粘り気がなくなれば、そこまでの油圧は必要なくなるため、油圧計でもあまり高い数値を見せることがありません。ところが、相当なエンジンの回転数を見せているのに油圧が下がることがあります。この場合は、エンジンオイルが減っている、もしくはエンジンオイルの粘度が低下しているか、そのいずれかであるため、チェックが必要となります。

 

エンジンオイルに大事な油圧計は常にチェックしよう

エンジンオイルは長年の使用に伴い、粘度が上がっていってしまう傾向にあります。この場合は異常に高い油圧が計測されるため、こちらもチェックが必要です。一方、オイルギャラリーが詰まっていても高い数値が出やすく、故障の原因となってしまうことから、細心の注意を払うことが求められます。エンジンの回転計の次に大事なのは油圧計と言われているほど、これを見ておくことで異変を感じ取ることができることからも、見落とさないよう、常に確認をしておくことが求められます。

油圧計に異常が生じると警告灯、オイルランプが点灯するようになっています。赤色で点灯をすることになっていますが、この場合、即座に停車が必要なものとなっており、オイルランプが点灯したら異常事態であることは明白であるため、適切な対処が必要です。

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。