エンジンオイルの「粘度」とは

 

「粘度」はエンジンオイルの性能を表す表示の一つ

粘度はエンジンオイルの性能を表す表示の一つです。それを見る事によって、どの車にはどのグレードのエンジンオイルを利用すると良いかが分かるようになっています。エンジンオイルの粘度は、アメリカ自動車技術者協会が決めた分類によって10W-300W-20と表示されています。WWinterという意味で、Wの前に書かれている数字が小さくなればなるほど、低温でもエンジンオイルが固まりにくく、さらにエンジンを始動する時の負荷も小さくなるので、燃費が良いということになります。よって、この場合、10Wよりも0Wの方が固まりにくいという事が分かります。また、Wの後ろに書かれている数字は、高温の時にどれ位の粘度があるかを表しており、数字が大きくなればなるほど、エンジンオイルが固くなってしまうという事が示されています。

エンジンの出力によってエンジンオイルの粘度を選ぼう

車はどの車種であっても、同じ種類のエンジンオイルを利用して良いという訳ではありません。例えば、高出力のエンジンを搭載している車の場合は、高温時の粘度が高い物を、日常的に使う乗用車の場合は、なるべく粘度の高くないものを利用すると、燃費が良くなる傾向となっています。となると、高出力のエンジンにも低粘度のエンジンオイルを利用すれば良いのではないかという意見も出てくるかもしれませんが、これは低燃費オイルとも言われ、エコカー向けのエンジンオイルとなっています。確かに燃費は良くなるのですが、高出力のエンジンには向いていません。

車の走行環境よってエンジンオイルは変わる

一方、Wの前後の数字の幅が大きければ大きい程、様々な走行条件に対応しているエンジンオイルという事になります。その為、いつも同じ様な環境で走る車の場合は、この数字の幅がそれほど大きい必要はありませんが、レース等、様々な環境で走る車の場合は、この数字の幅が大きい物を選ぶ方が適しています。ただ、日常生活で利用する車の場合、既にその車種によって利用するエンジンオイルの粘度は指定されているので、それにしたがってオイルを利用すれば問題ありません。最初からそのエンジンオイルを利用する事を前提として、その車のエンジンは設計されているからです。

エンジンオイル・工業用潤滑オイルの通販専門店「オイルスター」では、様々なエンジンオイルを取り揃えておりますので、是非ご覧ください。

エンジンオイルの適切な交換時期とは?

車の乗り方によってエンジンオイルの交換時期が変わる

エンジンオイルの適切な交換時期はおおむね1万キロとも 1.5万キロ(シビアコンディションではその半分の5000~7500キロ)とも言われていますが、実際にはその車の性能や状態が異なるため、それぞれ適切な時期に交換するのが良いでしょう。交換時期は車の取扱説明書に記載されていることも多いので、これを参考に行うのが良い方法です。エンジンオイルの適切な交換時期は、その車のエンジンの構造と乗り方によって大きく変わります。通常のエンジンの場合には1.5 万キロ程度が1つの目安となりますが、これはおおむね1年以内にその距離を走行するとしたときの前提条件となっており、走行する距離数がこれよりも少ない場合には、1.5万キロに出していなくても交換する方が良いでしょう。エンジンオイルは時間が経つと劣化しその機能が低下してしまうため、燃費が悪くなったり、最悪の場合にはエンジンを壊してしまう要因となるため注意が必要です。

“エンジンオイルの適切な交換時期とは?” の続きを読む

エンジンオイルの役割と選び方

エンジンオイルの5つの役割

人間で表すと血液のような重要な役割を担っているのがエンジンオイルです。車検やガソリンスタンドを利用した際に、エンジンオイルを交換した方が良いと薦められることがありますが、いざ交換となると、種類が多すぎてどれを選べば良いか分からないものです。そもそもエンジンオイルの役割としては、多くのものが挙げられます。まずエンジン内部にある多くの金属部品を滑らかに動かす潤滑作用。オイルがなければ金属と金属が摩擦によってこすれてしまい、エンジンが壊れてしまいます。次は密封作用です。エンジンオイルがあって初めて、エンジンの力が発揮されるといえます。そしてエンジンは非常に高温になります。エンジンから発生した熱を吸収し、必要以上の過熱を防ぐ冷却作用もあります。また洗浄作用もあります。エンジンオイルは使用すると汚れて黒くなりますが、これはエンジン内部に付着している汚れや、金属のかすを洗い落としているからです。最後に金属の表面を張り、エンジンの内部にサビが発生するのを防ぐ働きもあります。

“エンジンオイルの役割と選び方” の続きを読む